絵具は、色を発生する成分『色素』と、固着させる成分『バインダー』から成り立っています。
色素は、顔料と染料に分けられますが、保存性を重視する絵具では、ほとんどの場合に顔料が用いられます。一部の発色を重視したインク類に染料系の製品もありますが、光りに対する保存性は、顔料系に比べて極端に劣ります。

油絵具をはじめ水彩絵具、テンペラ絵具等には、ほぼ共通の顔料が使用できます。フレスコ画では、下地の強いアルカリ性により、すべての顔料は使えず、耐アルカリ性の強いもののみが使われます。
また、日本画では、顔料粒子の差により明暗の階調が作られます。洋画系絵具の細かく均一に近い粒径の顔料とは多少異なります。
色を性格づけるのが顔料であるのに対し、絵具の性質を決定づけるのがバインダーです。


※おもなバインダーには、次表のようなものがあります。

 
バインダー名
絵具名
 
油性
油絵具
 
アルキド樹脂
アルキド樹脂絵具
 
オイルパステル
 
水性
デトランプ、日本画、東洋画、墨
膠は少量で顔料を固定できます。顔料本来の明るく強い発色をします。
テンペラ絵具
 
カゼインテンペラ
水には膨潤し、アルカリで溶解します。艶消しの明るい色彩が得られますが乾燥被膜が大変堅くもろいので基底材にはしっかりしたものを選びます。
水彩絵具(アクアレル、ガッシュ)
 
アクリルエマルション
アクリル絵具
 
トラガカントガム
パステル、コンテ
 


乾性油  □ロウ  □アラビアガム  □
カゼイン


戻る